フィギュアスケートのグランプリファイナル2016、男子の出場選手6人のグランプリシリーズ2試合の結果と得点・これまでの自己ベストです。

日本の羽生結弦選手が3連覇しているグランプリファイナル、今年はフランスのマルセイユで開催されます。

2016年のGPファイナルにはハビエル・フェルナンデス選手・パトリック・チャン選手・羽生結弦選手・宇野昌磨選手・ネイサン・チェン選手、アダム・リッポン選手と注目選手が揃いました。

グランプリファイナル2016 男子の出場選手のGPSの結果・スコアと自己ベスト

2016-2017シーズン ISUグランプリファイナル2016/
Senior Grand Prix of Figure Skating Final 2016/17
開催地:フランス・マルセイユ
日程:2016年12月8日(木)~2016年12月11日(日)

選手 1試合目 2試合目
ハビエル・フェルナンデス スペイン ロシア1位 フランス1位
パトリック・チャン カナダ カナダ1位 中国1位
羽生結弦 日本 カナダ2位 日本1位
宇野昌磨 日本 アメリカ1位 ロシア2位
ネイサン・チェン アメリカ フランス4位 日本2位
アダム・リッポン アメリカ アメリカ3位 フランス3位

2試合優勝でファイナル出場を決めたのはハビエル・フェルナンデス選手とパトリック・チャン選手の二人。

残り2試合の優勝は日本の羽生結弦選手と宇野昌磨選手です。

選手 1試合目 2試合目 PB
ハビエル・フェルナンデス 292.98 285.38 314.93
パトリック・チャン 266.95 279.72 295.27
羽生結弦 263.06 301.47 330.43
宇野昌磨 279.34 285.07 285.07
ネイサン・チェン 264.80 268.91 268.91
アダム・リッポン 261.43 267.53 267.53

自己ベストが最も高いのは昨年のグランプリファイナルで世界歴代最高得点を出した羽生結弦選手。

今季もただ一人300点台のスコアを出しており優勝候補の一人。SBを出したNHK杯ではフリーで転倒がありまだまだスコアが伸びる可能性があります。

現世界王者のハビエル・フェルナンデス選手はシーズン初戦から290点台の好スコアをマーク。

1試合目のロステレコム杯ではフリーで今季ただ一人となっているフリー200点台の得点を出す演技。

この試合ではショートで4回転サルコーが抜けて3回転になるミスがあったためこちらもパーフェクトとは言えず。

パトリック・チャン選手はショートの構成は4回転1本と上の2選手に劣りますが中国杯のフリーでは196.31点のスコアでSPの約16点差を逆転。

ジャンプがまとまれば高い演技構成点が出る選手だけに優勝候補の一人。

SPでは羽生選手に次ぐ2番手のスコアを出しているのが日本の宇野昌磨選手。このSPはジャンプの着氷に乱れがあったため今季100点超のスコアを出す可能性大です。

ネイサン・チェン選手は4回転ジャンパー。4種の4回転ジャンプをフリーでは組み込んでいます。

ミスがあったときのリカバリ能力も高く転倒は多いですが大きく崩れません。ジャンプがはまれば高い技術点がでるのは間違いなし。

アダム・リッポン選手はネイサン・チェン選手とは対照的に4回転ジャンプはSP・FS通じて1本。

その分クリーンな演技と高い加点で得点を伸ばします。リッポンルッツと呼ばれる両手を上げるルッツジャンプは必見です。