全日本ジュニア2016、全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会の女子フリーの結果と順位・得点の速報&実況でです。

優勝すれば世界ジュニアの出場が決まり6位以内に入れば日本代表候補になる全日本ジュニア。

フィギュアスケートのジュニアの全国大会の女子FSは11/20の15時25分から行われました。

フィギュアスケート全日本ジュニア選手権2016 女子フリーの結果

JOCジュニアオリンピックカップ
第85回 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
日程:2016/11/18~2016/11/20
会場:月寒体育館 (北海道札幌市)

日程とその他のクラスの滑走順・結果はこちら
全日本ジュニア選手権2016 日程と時間・会場 滑走順・結果

2016年11月20日 15時25分~18時45分
ジュニア女子フリースケーティング

全日本ジュニア2016 女子フリーの結果・リザルト

坂本花織選手は冒頭の3-3からきれいな入り。途中ジャンプに少し乱れがありましたが好調をキープ。優勝で世界フィギュアの出場を決めました。

怪我から復帰のシーズンとなった白岩優奈選手はパーフェクトな演技。難易度の高いジャンプを後半に持ってくるなど難しい構成を滑り切り2位。

本田真凜は冒頭のジャンプでUR、コンボをつけられなかったものの後半にリカバリ。その後2Aがシングルになるなどいくつかミスがありスピード感もなく涙の3位。FS単独は6位もSPのリードで表彰台。

紀平梨花選手は一週間前に怪我をしていたという情報があったのでその影響かはわかりませんがジャンプで2度の転倒などミスが目立ち全日本選手権の出場は逃しました。ジュニアグランプリファイナルと来シーズンに期待。

坂本花織選手・白岩優奈選手・本田真凜選手・笠掛梨乃選手・鈴木沙弥選手・滝野莉子選手が全日本フィギュアに出場します。

↓フリー単独の得点と順位、全選手の技術点・演技構成点はこちら↓
フィギュアスケート全日本ジュニア選手権2016 女子フリーの順位と技術点・演技構成点

順位 選手 所属 得点 全日本
1 坂本花織 神戸FSC 191.97 Q
2 白岩優奈 関西大学KFSC 185.13 Q
3 本田真凜 関西大学中・高スケート部 176.23 Q
4 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 173.97 Q
5 鈴木沙弥 邦和SC 166.38 Q
6 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 165.41 Q
7 松原星 武蔵野学院 162.96
8 横井ゆは菜 中京大中京高校 162.84
9 青木祐奈 神奈川FSC 161.35
10 岩元こころ 大阪スケート倶楽部 157.56
11 紀平梨花 関西大学KFSC 153.73
12 松岡あかり 日出中学・高等学校 148.80
13 住吉りをん 明治神宮外苑FSC 147.64
14 藤由妃乃 パピオフィギュアクラブ 142.21
15 岩野桃亜 芦屋学園 139.98
16 山下真瑚 グランプリ東海クラブ 139.81
17 三野真穂 なみはやクラブ 138.29
18 吉田莉菜 名東FSC 132.49
19 加藤日向子 邦和SC 131.58
20 横山翠 神戸PFSC 124.58
21 河辺愛菜 邦和SC 123.94
22 浦松千聖 名古屋FSC 122.79
23 竹内すい オリオンFSC 122.36
24 大橋璃子 神戸FSC 113.65

西日本フィギュア12位で全日本ジュニアに上がってきた笠掛梨乃選手が後半にコンビネーションジャンプをまとめて全日本フィギュアの出場は確定。

松原星選手は前半に3F+3T後半に3Lz+3T+2Tという難易度の高い構成で得点を伸ばしました。

横井ゆは菜選手は朝の公式練習では成功した3Aに挑戦するも転倒。そのあとはしっかり切り替えて最後には2A+3Tをきれいに決めています。

ノービスの松岡あかり選手が100点を超える103.32点というFSのスコア。来シーズンが楽しみ。