フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ中国大会、中国杯2016の女子ショートの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPS5試合目の中国・北京大会、女子シングルには日本代表の本郷理華・三原舞依の2人がエントリー。

スケートアメリカで優勝したアメリカのアシュリー・ワグナーも出場します。

グランプリシリーズ中国大会2016 中国杯の女子ショートの結果

ISU GP Audi Cup of China 2016 ISU Grand Prix
開催地:中国・北京
日程:2016年11月18日(金)~2016年11月20日(日)

女子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程やその他のクラスの結果・滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・中国大会 中国杯2016の日程と時間 滑走順・結果

GPS中国杯2016 女子ショートの結果と順位

カナダのオズモンド選手は着氷が乱れるジャンプがありスケートカナダの自己ベストには届きませんでしたが70点台の高いスコアをマークしSP1位。

ラジオノワ選手は見た目ノーミスの演技。すっかり大人になった演技で2位。

三原舞依選手はパーフェクトな滑りで自己ベストを更新し3位。

トゥクタミシェワ選手は体調があまりよくないようですがそんな中でもしっかりまとめて64.88点。

優勝候補の一人、アシュリー・ワグナー選手は冒頭の3-3が決まらず単独に。後半に2Tをつけてリカバリも全体的に調子が悪そう。

3位から6位の本郷選手までの点差は約5点。

日本代表の選手と注目選手の簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

フリーの結果はこちら↓
グランプリシリーズ中国大会2016 中国杯の女子フリーの結果

SP順位 選手 得点
1 ケイトリン・オズモンド カナダ 72.20
2 エレーナ・ラジオノワ ロシア 70.75
3 三原舞依 日本 68.48
4 エリザヴェータ・タクタミシェワ ロシア 64.88
5 アシュリー・ワグナー アメリカ 64.36
6 本郷理華 日本 63.63
7 李子君(ジジュン・リー) 中国 61.32
8 コートニー・ヒックス アメリカ 59.86
9 カレン・チェン アメリカ 58.28
10 趙子セン(チョウ・シセン) 中国 58.20
11 李香凝(り こうぎょう) 中国 54.55
12 ヨシ・ヘルゲソン スウェーデン 49.25

SPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想

日本代表・注目選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

掲載しきれない選手はTwitterで。@figureskate_55

ケイトリン・オズモンド:72.2点
(技術点:38.87点 演技構成点:33.33点 減点:0.00点)
3F+3T 3Lz / 2A
2Aは着氷が乱れましたが今大会も70点台に乗せる高いスコア。クリーンなプロトコルで2A以外は加点。

エレーナ・ラジオノワ:70.75点
(技術点:36.81点 演技構成点:33.94点 減点:0.00点)
3Lz+3T / 3Lo 2A
ラジオノワ選手はノーミスの演技で70点台に。セカンドトーループが回転不足(<) 三原舞依:68.48点 (技術点:37.37点 演技構成点:31.11点 減点:0.00点) 3Lz+3T / 2A 3F 日本の三原選手もノーミス。ガッツポーズでPBを更新。ステップはレベル3。まだまだ伸びしろがあり今季楽しみ。 エリザヴェータ・タクタミシェワ:64.88点 (技術点:33.88点 演技構成点:31点 減点:0.00点) 3T+3T / 3Lz 2A 3T-3Tのセカンドジャンプの後にターンが入ってしまいましたが体調が悪い中最小限のミスに抑えています。 アシュリー・ワグナー:64.36点 (技術点:31.1点 演技構成点:33.26点 減点:0.00点) 3F / 3Lo+2T 2A 冒頭のフリップにコンボをつけられず後半でリカバリーするも3-2に。ステップもレベル3というジャッジ。 本郷理華:63.63点 (技術点:33.2点 演技構成点:30.43点 減点:0.00点) 3F / 3T+3T 2A スケートカナダよりもいい動きをしているように見えましたが得点は伸びず。セカンドトーループが回転不足(<)のジャッジ。ステップはレベル4を獲得。