フィギュアスケートのグランプリシリーズの日本大会、NHK杯2016の男子のエントリーと出場選手のGPS1試合目の結果と自己ベストとシーズンベストをまとめました。

一番下に優勝候補・注目選手も掲載したので観戦や予想の参考にご覧ください。

NHK杯2016の男子フィギュアには日本代表の羽生結弦選手、田中刑事選手、日野龍樹選手がエントリー。

山本草太選手が怪我で欠場のため日野龍樹選手が出場することになりシニアのグランプリシリーズデビューを自国で飾ることになりました。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

男子ショートの滑走順はこちら↓
NHK杯2016 グランプリシリーズ・日本大会の男子ショートの滑走順と時間

グランプリシリーズのNHK杯2016 男子の出場選手の出場選手のGPSの結果とPB・SB

ISU Grand Prix of Figure Skating NHK Trophy 2016/2017
開催地:日本・北海道札幌市
会場:真駒内セキスイハイムアリーナ
日程:2016年11月25日(金)~2016年11月27日(日)

↓NHK杯の日程とタイムスケジュール、滑走順・結果はこちらから↓
フィギュアスケート・グランプリシリーズNHK杯2016 日程と時間

男子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

パーソナルベストと2016-17シーズンの自己ベストです。

選手 1試合目 PB SB
エラッジ・バルデ カナダ ロシア6位 242.36 225.45
ナム・グエン カナダ アメリカ6位 242.59 239.26
オレクシイ・ビチェンコ イスラエル ロシア3位 255.52 255.52
イヴァン・リギーニ out イタリア フランス11位 236.36 191.81
羽生結弦 日本 カナダ2位 330.43 263.06
日野龍樹 日本 –位 203.42 181.25
田中刑事 日本 ロシア7位 234.9 224.91
デニス・ヴァシリエフス ラトビア ロシア11位 224.54 203.77
ミハイル・コリヤダ ロシア ロシア4位 267.97 245.30
ジェイソン・ブラウン アメリカ アメリカ2位 268.38 268.38
ネイサン・チェン アメリカ フランス4位 264.80 264.80
グラント・ホッホスタイン アメリカ カナダ11位 237.25 217.25

NHK杯2016 男子フィギュアの優勝候補と注目選手

優勝候補はやはり日本の羽生結弦選手。2位以上でファイナル確定。3位以下でもほかの選手の結果によって可能性があります。

330点という高い自己ベストスコアを持っておりパーフェクトな演技なら出場選手のなかで構成でかなう選手はいません。

しかし今季のシーズンベストでは出場選手中3位。

羽生選手を上回るスコアを今季出しているのはスケートアメリカ2位のジェイソン・ブラウン選手とネイサン・チェンフランス大会4位のネイサン・チェン選手。

ジェイソン・ブラウン選手は今季からプログラムに4回転ジャンプを取り入れており注目選手の一人。

ネイサン・チェン選手はフランス杯のフリーで4回転ジャンプを4種類5本入れ転倒こそあったものの94.59点という高い技術点を出しています。

日本人はあと2人、田中刑事選手と日野龍樹選手がエントリー。

田中刑事選手はロステレコム杯7位でしたがショート10位からフリーは5位と順位を上げ逆転しており勢いをNHK杯につなげられるか楽しみです。

日野龍樹選手はシニアのグランプリシリーズのデビュー戦。ジュニアの元日本チャンピオンがいよいよGPSの舞台に立ちます。