フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・フランス大会、フランス杯2016の男子ショートの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPS4試合目のフランス・パリ大会、女子シングルには日本代表の無良崇人がエントリー。

先週のロステレコム杯で優勝したハビエル・フェルナンデスやソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンも出場します。

フリーの結果はこちら↓
グランプリシリーズ・フランス大会2016 フランス杯の男子フリーの結果

グランプリシリーズ・フランス大会2016 フランス杯の男子ショートの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Trophée de France 2016/2017
開催国:フランス
開催地:パリ
日程:2016年11月11日(金)~2016年11月13日(日)
※現地時間
男子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程やその他のクラスの結果・滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・フランス大会 フランス杯2016の日程と時間

フランス杯2016 男子ショートの結果と順位

1位はスペインのハビエル・フェルナンデス選手。冒頭の4Tで転倒もすぐにリカバリ。連戦の疲れを感じさせる場面もありましたが96点台の好スコア。

2位はアメリカのネイサン・チェン選手。4Lzと4Fを入れPBを約5点更新する会心の演技。

日本の無良崇人選手はジャンプで転倒、スケートカナダの81.24点には届かず。

日本代表の選手と注目選手の簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

SP順位 選手 得点
1 ハビエル・フェルナンデス スペイン 96.57
2 ネイサン・チェン アメリカ 92.85
3 デニス・テン カザフスタン 89.21
4 アダム・リッポン アメリカ 85.25
5 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 80.34
6 無良崇人 日本 78.38
7 シャフィク・ベセギエ フランス 77.00
8 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 72.49
9 ブレンダン・ケリー オーストラリア 70.67
10 イヴァン・リギーニ イタリア 68.42
11 アルトゥール・ドミトリエフ ロシア 64.48

SPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想

日本代表・注目選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

掲載しきれない選手はTwitterで。@figureskate_55

ハビエル・フェルナンデス:96.57点
(技術点:51.68点 演技構成点:45.89点 減点:1.00点)

4T 4S+3T 3A
冒頭の4回転トーループで転倒したものの次の4回転サルコーに+3Tでコンビネーションジャンプをつけ挽回。

ネイサン・チェン:92.85点
(技術点:51.74点 演技構成点:41.11点 減点:0.00点)

4Lz+3T 4F 2A
4回転ルッツとフリップを入れPBを5点近く更新。

デニス・テン:89.21点
(技術点:47.4点 演技構成点:41.81点 減点:0.00点)

4T 3Lz+3T 3A

アダム・リッポン:85.25点
(技術点:43.33点 演技構成点:41.92点 減点:0.00点)

3F+3T 3A 3Lz

無良崇人:78.38点
(技術点:39.92点 演技構成点:39.46点 減点:1.00点)

4T 3A 3Lz+3T
4回転トーループで転倒するもアクセルはきれいに決めています。最後の3Tはステップアウト。