フィギュアスケートのグランプリシリーズのフランス大会2016、フランス杯(元エリック・ボンパール杯)の男子のエントリーと出場選手の自己ベストとシーズンベストをまとめました。

一番下に優勝候補・注目選手も掲載したので観戦や予想の参考にご覧ください。

トロフィードフランス2016の男子フィギュアには日本代表の無良崇人や世界チャンピオンのハビエル・フェルナンデスらがエントリーしています。

日本の山本草太選手は欠場です。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

グランプリシリーズのロシア大会2016 男子の出場選手の自己ベストとSB

ISU Grand Prix of Figure Skating Trophée de France 2016/2017
開催国:フランス
開催地:パリ
日程:2016年11月11日(金)~2016年11月13日(日)
※日付は現地時間 日本時間は下記のタイムスケジュールに記載

男子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

SBは本格的にシーズンが始まったばかりのスコアなので参考までにご覧ください。

選手 試合数 PB SB
ブレンダン・ケリー オーストラリア 2試合目 222.40 222.40
ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 2試合目 233.47 224.91
シャフィク・ベセギエ フランス 2試合目 224.19
イヴァン・リギーニ イタリア 1試合目 236.36 191.81
無良崇人 日本 2試合目 268.43 252.20
デニス・テン カザフスタン 1試合目 289.46
アルトゥール・ドミトリエフ ロシア 2試合目 247.57 209.19
ハビエル・フェルナンデス スペイン 2試合目 314.93 292.98
ネイサン・チェン アメリカ 1試合目 256.44 256.44
アダム・リッポン アメリカ 2試合目 264.44 261.43
ミーシャ・ジー ウズベキスタン 2試合目 238.05 230.55

フランス杯2016 男子フィギュアの優勝候補と注目選手

優勝候補はやはり現・世界王者のハビエル・フェルナンデス選手。

先週のロステレコム杯でも290点台の好スコアで優勝しており実力は抜き出ています。

スケートアメリカ3位のアダム・リッポン選手もエントリー。

無良崇人選手はスケートカナダでフリーではミスがあったもののSPは2位。表彰台候補の注目選手の一人です。

デニス・テン選手はアメリカ大会を欠場したため今季初戦。

フランス杯2016 グランプリシリーズ・フランス大会の男子ショートの滑走順と時間