フィギュアスケートのグランプリシリーズのカナダ大会2016、スケートカナダの女子のエントリーと出場選手の自己ベストとシーズンベストをまとめました。

観戦や予想の参考にご覧ください。

スケートカナダ2016の女子フィギュアにはロシア代表の現・世界女王エフゲニア・メドベデワ選手や日本代表の宮原知子選手らがエントリーしています。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

グランプリシリーズのカナダ大会2016 女子の出場選手の自己ベストとSB

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2016/2017
開催国:カナダ
開催地:オンタリオ州ミシサガ
日程:2016年10月28日(金)~2016年10月30日(日)

女子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

SBは本格的にシーズンが始まったばかりのスコアなので参考までにご覧ください。

No. 選手 PB SB
1 アレーヌ・シャルトラン カナダ 186.11 186.11
2 ヴェロニク・マレ カナダ 159.67
3 ケイトリン・オズモンド カナダ 187.27 187.27
4 本郷理華 日本 199.15 170.34
5 宮原知子 日本 214.91 206.75
6 永井優香 日本 172.92
7 チェ・ダビン 韓国 173.71 160.62
8 キム・ナヒョン 韓国 177.27 177.27
9 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 223.86
10 エリザヴェータ・タクタミシェワ ロシア 210.40 185.93
11 ヨシ・ヘルゲソン スウェーデン 169.07 153.80
12 長洲未来 アメリカ 193.86 189.11

スケートカナダ2016 女子フィギュアの優勝候補と注目選手

女子フィギュアの優勝候補はなんといっても世界フィギュア2016で優勝したロシアのエフゲーニャ・メドベージェワ選手。

今季はジャパンオープンに出場し非公認ながら147.07点で女子のトップ。

このジャパンオープンには昨年の世界フィギュアトップ5が揃いましたがそこでも圧倒的な演技をみせました。

JOで2位だったのは日本の宮原知子選手。

安定感が魅力でもある宮原選手は今季すでに200点を超えるシーズンベストを出しており優勝候補の一人。

さらに今季好調なのはアメリカの長洲未来選手も注目選手のひとり。

元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ選手や日本の本郷理華選手にも注目です。