シカゴで開催されたISUグランプリシリーズ第1戦、アメリカ大会・スケートアメリカ2016の女子シングルのショート・フリーの技術点・演技構成点をランキング形式でまとめました。

シニアのシーズンの本格的な幕開けとなるスケートアメリカ、女子ショートには11人の選手が出場しています。

優勝はアシュリー・ワグナー、2位はマライア・ベル、3位は三原舞依とアメリカ・アメリカ・日本という表彰台になりました。

スケートアメリカ2016 女子のショート・フリーの技術点・演技構成点

ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ2016
ISU Grand Prix of Figure Skating Skate America 2016/2017
開催地:アメリカ・シカゴ
日程:2016年10月21日(金)~2016年10月23日(日)

下記はSP・FSの単体の結果と得点なので総合の結果はこちらでご確認ください。
グランプリシリーズ・アメリカ大会 スケートアメリカ2016の女子の結果

グランプリシリーズ・アメリカ大会2016 女子のショートの得点

女子シングル・ショートプログラムの結果はアメリカのアシュリー・ワグナー選手が1位、2位が日本の三原舞依選手です。

順位 選手 得点 TES PCS Ded.
1 アシュリー・ワグナー アメリカ 69.50 34.78 34.72 0.00
2 三原舞依 日本 65.75 35.72 30.03 0.00
3 グレーシー・ゴールド アメリカ 64.87 33.21 32.66 1.00
4 ガブリエル・デールマン カナダ 64.49 34.06 30.43 0.00
5 浅田真央 日本 64.47 30.99 33.48 0.00
6 マライア・ベル アメリカ 60.92 31.01 29.91 0.00
7 朴小宴(パク・ソヨン) 韓国 58.16 30.74 27.42 0.00
8 セラフィマ・サハノヴィッチ ロシア 56.52 29.24 27.28 0.00
9 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 52.62 26.32 26.30 0.00
10 村上佳菜子 日本 47.87 21.47 26.40 0.00
11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 47.80 22.97 25.83 1.00
スケートアメリカ2016 女子のショートの技術点ランキング

ショートプログラムの技術点では三原舞依選手がトップ。三原選手は演技の構成の基礎点が32.26点と全選手のなかで一番高い点数なので難易度の高いプログラムに挑戦しているといえます。

2位のアシュリー・ワグナー選手は基礎点では28.84点と特別高くないのですが高い加点(GOE+)で技術点を34点台まで伸ばしています。

順位 選手 技術点
1 三原舞依 35.72
2 アシュリー・ワグナー 34.78
3 ガブリエル・デールマン 34.06
4 グレーシー・ゴールド 33.21
5 マライア・ベル 31.01
6 浅田真央 30.99
7 朴小宴(パク・ソヨン) 30.74
8 セラフィマ・サハノヴィッチ 29.24
9 ロベルタ・ロデギエーロ 26.32
10 アンゲリーナ・クチヴァルスカ 22.97
11 村上佳菜子 21.47
スケートアメリカ2016 女子のショートの演技構成点ランキング

演技構成点は優勝したアシュリー・ワグナー選手がトップ。

2位は浅田真央選手です。

順位 選手 演技構成点
1 アシュリー・ワグナー 34.72
2 浅田真央 33.48
3 グレーシー・ゴールド 32.66
4 ガブリエル・デールマン 30.43
5 三原舞依 30.03
6 マライア・ベル 29.91
7 朴小宴(パク・ソヨン) 27.42
8 セラフィマ・サハノヴィッチ 27.28
9 村上佳菜子 26.40
10 ロベルタ・ロデギエーロ 26.30
11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ 25.83

グランプリシリーズ・アメリカ大会2016 女子のフリーの得点

フリーの1位はアメリカのマライア・ベル選手。シーズンベストを更新してSP6位からの逆転で総合2位になりました。

順位 選手 得点 TES PCS Ded.
1 マライア・ベル アメリカ 130.67 66.22 64.45 0.00
2 アシュリー・ワグナー アメリカ 126.94 56.88 70.06 0.00
3 三原舞依 日本 123.53 60.84 62.69 0.00
4 ガブリエル・デールマン カナダ 122.14 62.11 61.03 1.00
5 グレーシー・ゴールド アメリカ 119.35 56.79 64.56 2.00
6 浅田真央 日本 112.31 46.35 65.96 0.00
7 セラフィマ・サハノヴィッチ ロシア 107.32 52.58 54.74 0.00
8 朴小宴(パク・ソヨン) 韓国 103.20 48.53 55.67 1.00
9 村上佳菜子 日本 97.16 43.34 53.82 0.00
10 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 96.51 44.26 53.25 1.00
11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 87.17 39.50 49.67 2.00
スケートアメリカ2016 女子のフリーの技術点ランキング

フリー1位のマライア・ベル選手は技術点がずば抜けて高いです。基礎点57.46点は出場選手中トップ、さらに加点が多く付く質の高い演技でした。

2位のカナダのガブリエル・デールマン選手、転倒があったこともあり演技構成点は伸びませんでしたが高い難易度の演技なので今後パーフェクトな演技ができたらもっと上位に入りそうな選手です。

順位 選手 技術点
1 マライア・ベル 66.22
2 ガブリエル・デールマン 62.11
3 三原舞依 60.84
4 アシュリー・ワグナー 56.88
5 グレーシー・ゴールド 56.79
6 セラフィマ・サハノヴィッチ 52.58
7 朴小宴(パク・ソヨン) 48.53
8 浅田真央 46.35
9 ロベルタ・ロデギエーロ 44.26
10 村上佳菜子 43.34
11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ 39.50
スケートアメリカ2016 女子のフリーの演技構成点ランキング

演技構成点はフリースケーティングもショートと同じような並び。転倒なく演技をまとめた選手やベテランの選手が上位に来ています。

順位 選手 演技構成点
1 アシュリー・ワグナー 70.06
2 浅田真央 65.96
3 グレーシー・ゴールド 64.56
4 マライア・ベル 64.45
5 三原舞依 62.69
6 ガブリエル・デールマン 61.03
7 朴小宴(パク・ソヨン) 55.67
8 セラフィマ・サハノヴィッチ 54.74
9 村上佳菜子 53.82
10 ロベルタ・ロデギエーロ 53.25
11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ 49.67