フィギュアスケートのグランプリシリーズのアメリカ大会2016、スケートアメリカの男子の出場選手の自己ベストとシーズンベストをまとめました。

観戦や予想の参考にご覧ください。

スケートアメリカ2016には日本代表の宇野昌磨選手や中国代表の金博洋(きんはくよう/ボーヤン・ジン)選手がエントリー。

日本代表の村上大介選手、カザフスタン代表のデニス・テン選手は欠場が発表されました。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

グランプリシリーズのアメリカ大会2016 男子の出場選手の自己ベストとSB

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate America 2016/2017

開催国:アメリカ
開催地:シカゴ
日程:2016年10月21日(金)~2016年10月23日(日)

スケートアメリカ2016 グランプリシリーズ・アメリカ大会の男子ショートの滑走順と時間

男子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

SBは本格的なシーズン開始前のスコアなので参考までにご覧ください。

No. 選手 PB SB
1 ブレンダン・ケリー オーストラリア 222.4 222.40
2 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 233.47 223.04
3 ナム・グエン カナダ 242.59 220.55
4 ボーヤン・ジン 中国 289.83
5 村上大介out 日本 256.47 216.06
6 宇野昌磨 日本 276.79 258.93
7 マキシム・コフトゥン ロシア 247.37 229.57
8 セルゲイ・ボロノフ ロシア 252.55 237.42
9 ジェイソン・ブラウン アメリカ 263.17 256.49
10 ティモシー・ドレンスキー アメリカ 219.06 207.49
11 アダム・リッポン アメリカ 264.44 248.24

スケートアメリカ2016 男子フィギュアの優勝候補と注目選手

男子フィギュアの注目選手はやはりジャパンオープンでも好調だった日本代表の宇野昌磨選手。

4回転フリップの精度もあがり公式戦での自己ベスト更新の期待がかかります。

昨シーズン4回転ルッツを成功させ高い技術点で注目を集めた中国のボーヤン・ジン選手もアメリカ大会にエントリー。

若手の対決に注目です。

さらに優勝候補になるのはアメリカ代表のジェイソン・ブラウン選手とアダム・リッポン選手。

ジェイソン・ブラウン選手は宇野昌磨選手も出場したロンバルディア杯で2位、優勝は宇野昌磨選手でしたがフリーは1位のスコアを出しており地元のスケートアメリカでの優勝も期待されます。

スケートアメリカ2016 グランプリシリーズ・アメリカ大会の男子ショートの滑走順と時間