フィギュアスケートのグランプリシリーズのアメリカ大会2016、スケートアメリカの女子の出場選手の自己ベストとシーズンベストをまとめました。

観戦や予想の参考にご覧ください。

スケートアメリカ2016にはアメリカ代表のアシュリー・ワグナー選手やグレイシー・ゴールド選手、日本代表の浅田真央選手らがエントリー。

ロシア代表のユリア・リプニツカヤ選手は欠場が発表されています。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

グランプリシリーズのアメリカ大会2016 女子の出場選手の自己ベストとSB

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate America 2016/2017

開催国:アメリカ
開催地:シカゴ
日程:2016年10月21日(金)~2016年10月23日(日)

スケートアメリカ2016 グランプリシリーズ・アメリカ大会の女子ショートの滑走順と時間

女子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

SBは本格的なシーズン開始前のスコアなので参考までにご覧ください。

No. 選手 PB SB
1 ガブリエル・デールマン カナダ 195.68 175.40
2 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 170.76 164.82
3 浅田真央 日本 216.69 186.16
4 三原舞依 日本 189.03 189.03
5 村上佳菜子 日本 196.91 151.27
6 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 176.99 131.51
7 朴小宴(パク・ソヨン) 韓国 178.92 161.95
8 セラフィマ・サハノヴィッチ ロシア 191.96 154.68
9 マライア・ベル アメリカ 184.22 184.22
10 グレーシー・ゴールド アメリカ 211.29
11 アシュリー・ワグナー アメリカ 215.39

スケートアメリカ2016 女子フィギュアの優勝候補と注目選手

フリーのみが行われたジャパンオープンでアメリカのアシュリー・ワグナー選手は非公式ながら132.12点の好スコアを出し好調。

同大会でグレイシー・ゴールド選手はジャンプにミスが目立ち108.24点でした。

浅田真央選手は膝の怪我を抱えており演技の構成を落としているため有力選手に基礎点で大きく差をつけられています。

優勝候補はアシュリー・ワグナー選手といえそうです。

ネーベルホルン杯で優勝した日本代表の三原舞依選手にも注目です。

スケートアメリカ2016 グランプリシリーズ・アメリカ大会の女子ショートの滑走順と時間