フィギュアスケートの国内大会、近畿フィギュアスケート選手権2016のジュニア女子ショートの滑走順と試合後には結果と順位・得点をお届けします。

世界で戦う女子ジュニアの選手が多く出場する近畿選手権、ジュニアグランプリファイナル出場を決めた紀平梨花・坂本花織・本田真凜やジュニアグランプリシリーズに出場した岩元こころらがエントリーしています。

近畿ブロック予選の女子ジュニアのフリーは2016年10月9日の昼に開催されます。

近畿フィギュアスケート選手権2016 ジュニア女子フリーの結果と順位

東京フィギュアスケート選手権大会2016
開催地:東京都西東京市
会場:ダイドードリンコアイスアリーナ

フィギュアスケート近畿選手権2016の日程と時間 タイムスケジュール

2016年10月9日14時50分~
ジュニア女子フリースケーティング

SPの結果はこちら↓
近畿選手権2016 ジュニア女子ショートの結果と得点

結果・リザルト

優勝はトリプルアクセルを降りてほぼノーミスの演技を見せた紀平梨花選手。

本田真凜選手もノーミスの演技でしたが0.12点差という僅差で逆転を許しました。

JGPF出場の日本代表選手3人が表彰台を獲得、ジュニア女子は11人西日本選手権に進みます。

順位 選手 所属 得点 SP FS
1 紀平梨花 関西大学KFSC 195.18 3 1
2 本田真凜 関西大学中・高スケート部 195.06 1 2
3 坂本花織 神戸FSC 181.19 2 3
4 岩元こころ 大阪スケート倶楽部 166.27 4 4
5 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 153.11 5 5
6 三浦璃来 大阪スケート倶楽部 140.82 7 7
7 横山翠 神戸PFSC 136.45 8 8
8 大橋璃子 神戸FSC 135.27 6 9
9 三野真穂 なみはやクラブ 134.61 10 6
10 民輪恵梨 大阪スケート倶楽部 127.24 9 10
11 久保舞和 大阪スケート倶楽部 114.75 11 11
12 小嶋孝夏 ひょうご西宮FSC 104.26 12 15
13 小林レオニー百音 アクアピアスケーティングC 104.25 16 12
14 梅林歩優 滋賀県立IAC 100.77 13 17
15 今永梨絵 なみはやクラブ 99.69 15 14
16 大西麻衣子 なみはやクラブ 98.97 14 18
17 真辺梨央 神戸PFSC 98.94 21 13
18 山隈恵里子 ひょうご西宮FSC 98.58 18 16
19 平尾紗弓 大阪スケート倶楽部 96.07 20 20
20 浅井あかり 大阪スケート倶楽部 95.02 22 19
21 久保智聖 大阪スケート倶楽部 94.78 17 22
22 三村優希 大阪スケート倶楽部 95.78 24 21
23 奥地りお アクアピアスケーティングC 96.78 19 23
24 林茉那香 大阪スケート倶楽部 97.78 23 24

紀平梨花選手はトリプルアクセルを着氷するなどノーミスの演技でFS130.74点、ISU公認記録ではないものの自己ベストを更新、ジュニアの世界最高得点を超えるスコアです。

本田真凜選手もノーミスの演技で129.94点、本当に僅差の2位で今シーズンのジュニアグランプリファイナル、世界ジュニアが楽しみになりました。

技術点・演技構成点を夜に掲載します。