世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの日本代表の選考基準と出場条件をお届けします。

2017年の世界選手権、日本代表の出場枠は男子・女子のシングルが3枠、アイスダンス・ペアが1枠です。

この世界フィギュアの結果で2018年に韓国で行われる平昌オリンピックの出場枠が決まる重要な試合です!

全日本フィギュアを羽生結弦選手が欠場。気になる代表入りの可能性はこちらにまとめました↓
羽生結弦が全日本フィギュア2016を欠場 理由と世界フィギュア2017日本代表入りの可能性

世界フィギュアスケート選手権2017 日本代表の選考基準と出場条件

世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの日本代表の最終選考会は全日本選手権、全日本フィギュア2016です。

12月に行われ世界ジュニアや四大陸選手権、アジア冬季大会の日本代表の選考会も兼ねています。

世界フィギュア2017 男子・女子シングルの日本代表の選考基準・出場条件

男子フィギュア・女子フィギュアは最大の3枠の出場枠を獲得しており3人ずつ出場権を獲得できます。

男女シングルの日本代表 1人目の選考基準
全日本選手権の優勝者

3枠のうち1枠は全日本フィギュアで優勝した選手が内定します。

男女シングルの日本代表 2人目の選考基準・条件
1.全日本選手権の2位・3位の選手
2.グランプリファイナル出場選手の上位2名

2人目は全日本選手権で2位・3位に入った選手かグランプリファイナルに出場した選手のうち内定した選手を除く上位2名の選手から選考が行われます。

男女シングルの日本代表 3人目の選考基準・条件
1.2人目の選考条件に該当したものの選考に漏れた選手
2.全日本選手権4位~6位の選手
3.全日本選手権終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名
4.全日本選手権終了時点でのISUシーズンベストスコア上位3名

3人目はかなり幅を持たせた選考基準になっています。

世界フィギュアスケート選手権2017 日本代表の候補の選考対象の選手・有力候補


全ての選考基準の最低条件として全日本選手権大会への出場が求められています。

しかし「過去に世界選手権で表彰台を獲得した実績のある選手が怪我などのやむを得ない理由で出場できなかった場合は今シーズンの結果を踏まえて選考の対象となる場合がある」という救済条件も設けられています。

世界フィギュア2017 ペア・アイスダンスの日本代表の選考基準・出場条件

ペアとアイスダンスの出場枠は1、ペア1組・アイスダンス1組だけが出場権を獲得できます。

ペア・アイスダンスの選考基準は「国際的な競技力を考慮して選考する」のみです。

こちらも全日本選手権への出場は最低条件となっています。

ミニマムスコアを持っていなければ日本代表に選ばれても出場できないので保留として発表されたシーズンもありました。